トップページ > 彩都について > 彩都とは?

彩都とは?

21世紀を見晴らすまち、阪急彩都には、新しい未来が息づきます。

阪急が100年もの間に培ってきたまちづくりノウハウを結集して、 21世紀に求められる新しい郊外居住スタイルを提供するまち、彩都。

人と人、人と地域、人と環境が共生し、未来にむかってまちが持続し、 そこに暮らす人たちのまちへの愛着を深めていくまちづくり。
子どもたち、そして、子どもたちの子どもたちまで、 ずっと続いていく快適な住環境をつくりあげるとともに、 潤いと安心の暮らしに欠かすことのできない豊かなコミュニティをかたちづくること。それが私たち阪急彩都の目指すまちづくりです。
ますます発展を遂げる、明日を見晴らすそのまちへ。
さらに楽しく、より快適に、安心して暮らしていただくために、まちづくりにかける想いのすべてを注ぎ込んでいます。

グラフ

<6つのテーマ>
私たち阪急が開発当初から標榜してきたスローガン「ビフォアーフォローからアフターフォローまで」。
それをさらに進化させたビジョンが「持続可能(サスティナブル)なまちづくり」です。
開発してお終いではなく、まちがいつまでもいきいきと息づいていくように関わり続けること。
その基本となるのが、<共生>発想のまちづくりだと考えています。

コミュニティ

● 世代共生

様々な世代や様々なライフスタイルを持つ方々との交流を促進して、 いつまでもまちがいきいきと息づく賑わいが継続するまちづくりを行っています。

イタリアワインの会

● 住民共生

住民どうしの触れ合いを育むイベントやボランティア活動など、 住民による自主的・自発的な参加を通じた豊かなコミュニティ形成を目指しています。

コミュニティカフェ

コミュニティの取り組みについて詳しくはこちらから。

環境

● 環境共生

地球規模の環境共生も視野に、彩都内外の豊かな自然環境との共生や、
先進の都市機能との共生など、環境を大切に考えたまちづくりを目指しています。

里山や棚田の保全活動

彩都に隣接する地元の方々といっしょに里山の保全や棚田での米づくりなど、
自然環境を維持していく活動を行っています。

カーシェアリング

住民同士でクルマを共有することで
エコロジーとエコノミーの共存を目指す先進のカーライフスタイル。
利用状況はこちらからご確認いただけます。

● 景観共生

彩都周辺の自然環境とも調和する、世界に誇れる街並みを形成するとともに、
まちの景観を将来に渡って美しく保っていく仕組みづくりを推進しています。

ガーデンヴィレッジあさぎまちなみ

オープン外構で緑地帯を設けた街区デザイン、無電柱化により、
周囲の自然と調和した美しい街並みが広がっています。茨木市都市景観賞受賞。

自転車シェアリング

電動自転車をさまざまな使用パターンにより複数人でシェアリングする
管理システムを使用したレンタルサイクリング事業を行っています。
利用状況はこちらからご確認いただけます。

地域

● 安心共生

安全安心に配慮したまちのグランドデザインをベースに、ハード/ソフト両面から安全安心を見守るとともに、その基本となるコミュニティ形成に取り組んでいます。

まちを巡回するタウンセキュリティの導入 基盤研一般公開

● 地域共生

彩都に隣接する地域や、近接する文化施設や教育機関、また彩都内の緒施設とも交流を図ることで、地域のさらなる活性化を目指しています。

天体観測 彩都凸凹たんけん隊

彩都建設推進協議会 協力:大阪大学環境サークル「GECS」